男子テニスで世界9位の錦織圭(27=日清食品)が、21日開幕のジュネーブ・オープン(スイス)に、急きょ参戦することが分かった。すでにエントリー期日は締め切られているが、スイス協会は大会推薦枠を与えると発表した。

 錦織は、18日に行われたイタリア国際3回戦で、デルポトロ(アルゼンチン)に敗退。敗れたとはいえ、ショットの威力などが戻ってきており、右手首の痛みは癒えたようだ。敗退後の会見では「体は万全だった。試合数が物足りない」と話していた。28日開幕の全仏を前に、実戦をこなしておきたいという理由から参戦を決めた。

 錦織は、4大大会の前の週は、公式戦に出場しないポリシーを貫いてきた。体の消耗を防ぐために、調整の場に当ててきた。最後に公式戦に出場したのは、11年全米の前週に前哨戦に出場したのが最後だ。

 6年ぶりの直前参戦は、それだけ、体の調子が良く、全仏前に実戦感を養いたいと考えている証拠だろう。